引越しに関連した感想&体験談集【MOVE-JPN】
トップページ >

複数回の引越し経験者のアドバイス一覧


複数回の引越し経験者のアドバイス一覧


日当たりが良い家に住みたかったら、方角はもちろん大事ではありますが階が上であればあるほど良いです。
南向きの1階の部屋に住んだことがありましたが、あまりにも暗くて驚きました。
また、環境の良さを求めて緑が豊かな場所に住むなら、その分虫がたくさん家に寄り付くということを覚悟してください。
東京23区内の植物園のそばに住んだときは、ベランダや玄関の開け閉めで小さな虫はもちろん、蚊やカメムシ、コオロギなどが入ってきてしまいストレスになりました。
虫が苦手な方は都市圏の高層マンションの上の階に住むことをおすすめします。

まず引っ越しの料金ですが、3月などの引っ越し繁忙期は引っ越し料金が、かなり割高になりますので、可能な限り避けた方が良いと思います。
また、繁忙期を除く平日の昼間は、料金を割安で提供する業者が多いので、可能ならそちらを利用された方が良いと思います。
ちなみにエレベーターよりも、階段のみしか無い物件への引っ越しは若干割高になる事があります。
それから、敷金返還対策の為、引っ越し直前に、明らかに汚れすぎている(長く住めば済む程、どうしてもそういう所は出てきます)所は、クリーニング業者に頼んで綺麗にしておけば、安心です。
クリーニング料を惜しんで、結果かえって敷金を多く取られるとマイナスになるからです。

まず、なるべくなら春や秋の異動時期を避けて引っ越したほうが良いです。
業者を決める場合も、面倒ですが必ず2社以上から見積もりを取り、駆け引きをしたほうが安くなったり、サービスを引き出せると思います。
時間に余裕がないと、焦って決めてしまいがちです。
また、朝一よりは、午後の引っ越しを選んだほうが値段交渉がしやすいと思います段ボールは、足りなくなったらスーパーで不要になった段ボールを調達したり、引っ越し業者が持っている中古の段ボールを利用すれば十分です。
新品にこだわるのは勿体ないと思います。
箱詰めは、すぐに使わないものからが鉄則ですが、心配だったら、封をせずにどんどん詰めて、引っ越し日間近に封をすれば大丈夫です。
迷っていたら作業は終わりません。
事前に引っ越し前や引っ越し後に行う手続きリストを、インターネットなどから入手しておくと、電気、ガス、電話、役所での手続きなどし忘れません。

何度か引越しをしていて思ったのは、やはり引越しのタイミングで不要なものをどんどん減らし、新居へ持ち込むべきではないということです。
だいたいの人は、引越しの際にそう感じるとは思うのですが、いざ箱に詰めだすと、あれもこれも置いておこうとなりがちです。
しかし、そうやって持って行っても、結局しばらく置いていたものの、使わずに捨ててしまうことが多々ありました。
引越しをした後も、本当に使うのかどうかをよく考えてから箱に詰めるべきだと私は思います。

引っ越しにかかる費用を安く押さえたいとお考えの場合、仮にもうお願いしようと思っている業者を決めてあったとしても、契約前にその引っ越し業者との値引き交渉にも使えるので、他社の見積もりをいくつか出してもらうことをお勧めします。
他社が安い見積もりを出してきた場合、交渉しだいで値引きや追加のサービスをつけてくれることがあります。
見積もりを複数とるのが少々手間ですがやっておく価値はあります。
引っ越しの荷造り前に思いきって断捨離をしておくと荷造り荷ほどきが楽になります。
わたしがやったのはプチ断捨離でしたが。
それでも全部の荷物から分類するので結構な量になりました。

ひとり暮らし単身または、少人数で引越しする場合、大型電化製品(冷蔵庫・洗濯機・エアコン)やベットなど家具付き賃貸を探すことをおススメします。
小型電化製品やその他家具など、自家用車で運べるものはマイカーで、荷造りした物を運ぶと引越し代の節約になります。
乗捨て可能・引っ越し用のレンタカーも1つの方法です。
また、買い替えのものがあれば古いものを引き取りして貰えるサービスを利用したり、不要になったものなどは、お売り下さいのお店で買い取りして貰うのも良いと思います。
 

引越しはとにかく一ヶ月くらい前から余裕を持って準備することが大事だと思います。
私は一ヶ月くらい前から近所のスーパーでダンボールをもらい準備を始めました。
使用頻度の低いものは最初に梱包、キッチン周りのものなどギリギリまで使いそうなものはダンボールに入れたまま封はせず、先程の使用頻度の低いものの上に起きます。
あちこちの部屋におかず、できればまとめておいたほうが後で運び出しやすく良いと思います。
また、箱にごちゃごちゃ記入するより、新居での搬入先(居間・台所・個室など)を赤丸などのカンタンな目印にしておいたほうが見やすいと思います。

引っ越しを安く済ませるなら業者に頼まず、トラックを借りて自分達で荷物を運ぶのが一番です。
一気に運ばず、時間があるときに少しずつがお勧めです。
しかし引っ越し先が遠方で何度も足を運ぶことが困難な場合には、業者に頼んだ方が楽です。
必ず数社に見積もりをとってもらい、信頼のおけるところにお願いしましょう。
業者での引っ越しの際、事前の打ち合わせは非常に大事です。
前もって自転車も運んでほしいと伝えておいたのに、現場スタッフに聞いていないと言われることも少なくありません。
こちらの荷物や意向が把握されているか確認しながら話をしておくといいです。

転勤族で引っ越しの経験が複数甲斐あります。
引っ越しの荷造りで大切なのは、まずは家の中にある物を全てひっくり返して断捨離をすることです。
引っ越しは、今まで先延ばしにしていたクローゼットの奥まで整理整頓する絶好の機会なのです。
これを機会に、いらないものは捨てたりリサイクルショップに売るなどしてどんどん処分することが、荷造りの第一段階。
自分にとって必要かどうかわからない場合は、数年間未使用だったら潔く処分してしまいましょう。
物が少なければ少ない程、荷造りと荷解きの負担は減ります。
取捨選択が終わったら、次は引っ越し先で、仕舞う場所を予め決めましょう。
適当にではなく、新しい住居でどのように物が配置されたら生活が快適になるかをしっかり考えるのです。
「とりあえず」で荷解きをすると、後々変更したり、使いたいときになかなか見つからないなどして手間になります。
断捨離と物をしまう場所をきちんと決めることが、引っ越し作業をスムーズに行うコツです。

何度も引っ越しを繰り返すうちに、いつでも引っ越しが出来るように必要な分だけの物をきちんと収納ボックスにまとめて置くようになりました。
不要になったものはタンスの奥にためこんだりせずに買取業者やネットオークションなどを上手に利用して、物を適度に減らす習慣をつけておくのが良いでしょう。
いざ引っ越すことになっても慌てて作業に追われることがないように、いつでも身軽に移動できる状態にしておくことが大切だと実感しました。

我が家は転勤族なので、数年ごとに引っ越しがあります。
とにかく普段から余計な物は増やさないように気を付けています。
引っ越しの時に捨てれば良いと思って溜めていると、意外と引っ越しの際に、分別したり廃棄する時間が取れなかったりするので、大型の物は使わなくなったらすぐに処分し、洋服や靴も新しいのを買ったら古いのを捨てるようにしています。
また、本など棚に並べたり置く物も、スムーズに箱詰めできるように、一か所にまとめて並べるようにしています。

私は40代のサラリーマンです。
仕事がら転勤が多いため引越しをよくします。
入社して20年くらいになりますが、引こっした数は10回以上です。
そんな私が引越しを何度もするうちに気がついたことをお話しします。
それは何度目かの引越しで気付いたのですが、新居に引っ越してから次の引越しまでに、必ず一回も開かないで押し入れに入れっぱなしのダンボールがあるということです。
はじめなうちは、それでも次の引越し先に持って行きましたが、何回もやっているうちに馬鹿らしくなり、処分しました。
思えば1回目の引越しで処分しても良かったのです。
皆さんのお宅にも引っ越してきてから1度も開いていないダンボールはないでしょうか?もしかしたら捨てても良いものかもしれません。

かなりの数の引越しをしております。
引越しサイト等などで金額をよく比較しますが、実際の所は営業さんとどれだけ仲良くなれるかが、費用を左右します。
あまり大手を使わず、いつも引越しをしています。
仲良くなっていれば当然、見積もりを取らなくても通常より安かったりします。
後はこれだけで何とかってお願いも聞いてくれるのが、小さい引越し屋さんや、便利屋さんです。
後はやはり平日の引越しが良いです。
金額も安く、道路なんかも混んでない事が多いのでスムーズです。

結婚して以来4回引越しをしています。
最初の引越しの時は子供が赤ちゃんでしたので「おまかせパック」という荷造りもしてもらう方法を選びました。
ただ私は運が悪かったのかパックをしてくれた業者の女性達の質が悪く手を動かすより口を動かす方が多く言わなくても良いことを言われたりして悪い印象しか残りませんでした。
それ以後は子供も大きくなったので早めにダンボールをもらい自分で荷造りをするようにしました。
引越し当日は、ほとんど荷造りが終わっていて業者さんは運ぶだけにしておいたので、とても短時間で引越し作業を終わらせることができました。
引越しを何回か経験したことから考えたのは普段から荷物を少なくすること、そして早めに荷造りを始めることだと思っています。

転勤に伴い引っ越ししました。
そこから学んだ事は水回りです。
トイレの水圧が弱くてきちんと流れません。
不動産屋と回る時には部屋の中は見ますがそのような細かい所は意外と気づきませんでした。
実際に使って初めてわかりました。
同様にシャワーや洗面所も水圧が弱かったです。
後は食器棚の使い勝手が悪かったです。
出っ張っているので食器をしまう時に棚を開ける時にしまいにくくて苦労します。
エアコンは引っ越しする時には室外機のホースが硬くなって次の引っ越し先では使えませんでした。
新しく取り換えする事をお勧めします。

子供の頃から親の仕事都合で引っ越しが多かったので荷造りや物の処分には慣れています。
普段から季節ごとなどに、洋服を整理する・数か月使わなかった物は処分やリサイクルに出すようにすれば、いざ引っ越しの時、荷造りが楽になります。
普段は使わないけど捨てられないものなどは、段ボールにしまわずにクリアケースに収納しておきます。
そのままトラックに乗せられます。
本や音楽CDも、買わずにレンタルをしています。
荷物が少なければ、引っ越し代も安くなるので、普段から家に荷物をためないすることが引っ越しを楽にするコツです。

私は結婚後5回の引っ越しを経験しています。
そのため結婚時に購入した家具類は、引っ越しを繰り返す度に傷がついています。
引っ越しを専門の業者にお願いしても、その後自分達で位置をずらしたりなど、引っ越しに関わって家具が傷むことが多々あります。
ですから引っ越しが多い人には、高価で重い家具は向かないと考えています。
今では新しく家具を購入する時には、他の家に引っ越した時にも収まる大きさかどうか、どんな部屋のタイプでも馴染むデザインかどうか、運びやすさや重さはどうかなど先々のことも考えて購入するようにしています。

引っ越し業者は、複数社見積もりをしてもらってから決めた方がいいです。
業者によって数万以上変わってきます。
また、他にも見積もりをしているということで、値下げ幅も高くなります。
引っ越しの際に出る不用品ですが、手間はかかるわりにブランド品とかでなければリササイクルショップへ売りに行ってもあまり高い値は付けてもらえません。
きっぱりと捨ててしまった方が楽な気がします。
普段から余り物を増やさないように心がけ、増やしたぶんは他のものを捨てるようにした方がいいです。

たくさんの引越し業者さんがいるため、その中から実際に引越しをしてもらう業者さんを選ぶのは、なかなか骨が折れる作業だと思います。
そこでオススメしたいのは複数の業者さんから見積もりをもらうことです。
見比べが出来ますし、「他社さんはこうだった、ああだった」と値下げなどの交渉も出来ます。
また、見積もりを取ると粗品がもらえます。
また、営業の方と実際に作業する方とで言っていることが違うことがある(見積もりをくれた営業の方は不用品の引き取りをしてくれると言ったが、実際に作業してくれる方は無理だと言った)ので、その都度確認を取った方が良いと思います。

全て単身引っ越しの経験になります。
初めての引っ越しは初の一人暮らしだったので、家電や家具は直接新居に発送になったため、自分の荷物は業者は使わず車で運びました。
自分での荷物の搬出入の場合は荷物の詰め方が大切です。
荷物は種類別もしくは配置に合わせて積めるように言われますが、その場合重さの偏りが出やすく、自分で運ぶのはとても大変です。
業者を使わない場合は、1つ1つが重くなりすぎないようにするといいです。
その後の引っ越しは家電や家具が多いので業者にお世話になりました。
その場合は上記の場合とは逆に片付けが楽なように種類別に荷物を詰めるといいです。
そのとき、箱には中身を細かく書くのがおすすめです。
また、業者によく見えるように重いものか、軽いものか書いておくと搬出がスムーズになります。
荷物を重ねるときにも重さが書いてあると便利です。

引越しに大事な事。
必ず多数の業者さんで見積もりをする事。
案外と引っ越し自体が急に決まる事も多いと思いますが、そこをなんとかやり繰りするのが大事だと思います。
自分の複数ある引っ越しの経験です。
例)金沢から岐阜県のある町への引っ越し。
家族4人一般的な荷物の量。
2LDKから3LDK。
4階から4階共にエレベーターあり。
A社200000円B社158000円C社480000円。
A,Bと同じような代金。
あまりのC社の高さに、「信頼と安心」だそうです。
本当に信頼と安心が絶対必要な方は。
でも全て多くの方がご存知の業者さんばかりです。
複数見積もりを取って見てはいかがでしょうか。

10回以上、引っ越しを経験しましたが、基本的に 引っ越し業者は最初、高めの見積もり価格を言います。
引っ越し業界で超有名な企業に見積もりを頼んだら、ほかの所の3倍以上の値段を告げられて開いた口が塞がらなかった事が実際にあります。
幸いその時はほかにも4件、電話見積もりをしていたので、相場が分かっていましたから「その値段なら他のところに頼みます」と断ったんですが、それを聞いたら、顔色を変えて他社より値段を下げてきました。
最終的に一番安い値段まで下げてきたけど、ぼったくる気満々だった業者に頼みたくなくて、結局、そこは断りました。
自宅に来てもらって見積もりだと、断りにくいから、言われるまま契約する人が多いと思いますが、まず、複数の業者に電話見積もり、ネット見積もりで自分の荷物が平均でどの程度の引っ越し代なのか相場を知ったほうが良いです。

不動産業者によって、立ち退きの際に発生する料金が大きく変わってくることに注意してください。
壁紙を全部張り替える必要があったり、畳を全部交換なんていうところもあります。
敷金で…なんて考えているととんでもなく痛い目に遭います。
私の場合、敷金[2か月分]で足りないくらいの料金を払わされました。
それほど汚れていない壁紙を、すべて交換させられました。
契約の際にしっかり契約書を読むか、しっかり聞いておけばこのようなことはないと思います。
注意してください。

これまで5回ほど引越しを経験しています。
業者選びの時に、必ず複数の会社から見積もりを取ることです。
大手は安心を売りに強気の金額を出してきますが、中堅の会社は融通がきき交渉次第で値下げもしてくれやすかったです。
ネットの一括見積もりをすると業者の方からメールや電話が次々にきて対応に追われますが、その後断る時は楽なのでオススメです。
メール、電話でいくつか絞り込んで実際に家に来てもらって見積もりを出してもらうことになりますが、あとからこれこれの業者が来るのですぐに結論を出せないと言うとしつこい勧誘などもされません。

独身とかの単身の場合で引っ越しが多い人だとテーブルや本棚等の家具類は組み立て式にする事をお勧めします。
まず引っ越しで一番気にかかるのは料金だと思いますが、家具や家電などの大きな物をそのままで頼むと料金も高くなりますが、手間はかかりますが組み立て式の物をバラして最小限の大きさにする事で単身パック等の定額料金で安上がりです。
パック料金のサイズに入りきらない物がある時は宅配便で送った方が普通の引っ越し料金で頼むよりも安上がりな場合もあるので、しっかりと見積もりをしてもらってから交渉すると値引きして貰える場合もあります。

親や大家さんの都合で、5回以上引っ越しをしましたが、色々な家や、大家さんがいました。
この引っ越しから得たものと言えば、引っ越しをする前に見た部屋は、どれも広く綺麗に見えますが、引っ越しをしてみると、欠点も数多く見えるので、一度て決めず3度くらい天候別、時間別に部屋を見る事と、大家さんに会うこと、周りの人を見る事が重要だと思いました。
前に決めて引っ越しをするのに掃除をしていたら虫が大量にいたので引っ越しするのをキャンセルしたら料金が発生をとられました。
雨の次の日など、しっかり隅から隅までチェックするのをオススメです。

私は引越しをするから「大手の有名な引越し業者で、安い料金で!」というのが条件でした。
実際に利用した業者は、サカイ引越センターですが、こちらの業者以外にも数社に見積もりを依頼しました。
その結果、サカイ引越センターが1番安かったですし、他ね業者に比べてたくさをプランもありました。
ですので、安く引越しが出来ました。
このことから思った事は、引越しをするときは、数社に見積もりを出してもらい、比較することが大事だと思いました。

無いと困る物以外は全部捨てることです。
高価だったから、思い出があるからと持っていこうとすると梱包は面倒だし荷物は増えるし引越しの時以外にあまり捨てる機会がなく、押入れやクローゼットにずっとしまっておくことになります。
しまえる物がしまえなくなるので容赦なく捨てて、引越し先には少ない荷物を持っていった方が後のことを考えると楽なのです。
高価だからと使わなければいずれゴミになりますし、思い出ならまたつくればいいと考えることをオススメします。

主人が転勤族なので今まで8回引っ越しをしています。
アドバイスと言えるのかわかりませんが、まず家具は高いモノ、大きいモノを買わない。
いくら養生してくれてもあっちこっちにぶつかり、たまに落とされ傷がつくことがあります。
傷つけられて怒ったり泣いたりするよりは高い家具を買わないでいることです。
大きいソファなどは玄関から入らず、窓をすべて外してようやく入ったなんてことがあるので、二分割できるものにするか大きいものは諦めましょう。
とても時間がかかり業者さんたちも大変そうでした。
狭い住宅に引っ越ししたら、置く場所に困ります。
心付けは最後に『ありがとうございました』と渡すのではなく、最初に『よろしくお願いします』と渡しましょう。
そのほうが業者さんたちも心なしか気を遣い丁寧に仕事をしてくれるような気がします。

まず、水道やガスや電気など生活に必要となる手続きを早めに済ませておいて、引越し当日から使用できる様にしておきましょう(特にインターネットは契約手続きに数週間〜1ヵ月程度かかる可能性が高いですので、早めに実施しましょう)。
また、荷造りについても早めに進めておいて、適当にダンボールに詰めるのでは無く、きちんと分類してどのダンボールに何が入れてあるのかを明確にしておきましょう。
そうすることで、引越し後に荷物の開梱がスムーズにでき、必要な荷物を探す手間を省くことができます。

引越しをする上で一番大切なことは使わなくなった家具や電化製品などの処分だと思います。
これをしっかり行うことで荷物を大幅に減らすことが出来て、その結果、引越し料金の節約にも繋がります。
特に通販などで色々と物を買ってしまう人は注意が必要で、引越し直前に大量の家具などを処分するのはとても骨が折れます。
そのため、普段から不用品の整理はこまめに行って、急な引越しにも対応できるようにしておくことが大切でしょう。

私が10回近く引越しをして学んだこと。
それはトラックをレンタルするときはケチらないということです。
引っ越し費用を節約するために私はいつもレンタルトラックを利用します。
そこで安い業者を利用すると、いろいろ不備が目立ちます。
実際経験したことは、冬の時期のスタットレスタイヤの溝がペラペラだったり、あり得ないほど燃費が悪くガソリン代が高くついたことです。
それ以来、トラックは多少高くても名の知れたレンタカー会社を利用しています。
引越しに関連した感想&体験談集【MOVE-JPN】
広告


Copyright move-jpn. All Rights Reserved.