引越しに関連した体験談集|MOVE-JPN
MENU >

秋の引越し経験者の体験談集

秋の引越し|ユーザーの体験談

一昨年、秋も深まった10月中旬に引っ越しをしました。
北海道は11月に入ってしまうと、冷え込んで雪が降る日も出てくるので、ちょっとした駆け込みどきでした。
どこの業者を選べば良いのか分からず、引っ越し業者の見積サイトなど見て随分迷いましたが、安さよりも安心をとろうと思い、とりあえず大きなところなら間違いなかろうと、アート引っ越しセンターにお願いしました。
一人分の荷物で5万円ほどでした。
友人達からは、散々「高い」と言われました。
引っ越し当日は、爽やかな手際の良い青年二人で、つつがなく作業を終えてくれました。
作業終了時、満面の笑みでアンケートハガキを渡されました。
普段はそういったアンケートをスルーしがちな私ですが、丁寧に対応してくれた満足感から、後日最高評価のハガキを投函しました。

私が中学生の時の話ですが、祖父が亡くなり、祖母が一人では心細いとのことで、私の父が長男だったため、同居をする形になり、引越しました。
当時中学生だった私には、転校にもなるため、本当はとても嫌でした。
引越しの荷造りを手伝いましたが、9月末頃だったので、まだ日中はとても暑く、タンスの中には、半袖の服が入っていましたが、ついでだからと、母が、引越しと同時に衣替えを行うことにしたため、私がしたのは、引越しの準備というよりも、衣替えの手伝いに近くなりました。

秋の引越しは、季節的にも暑くも寒くもなく作業がしやすかったです。
ちょうどいい涼しさで、一応、動くと暑いかな?と思い、半そでで引っ越し作業をしていても汗ばむ程度ででした。
秋は天候が変わりやすい日が多く、自分の引っ越す日も雨が降ったりやんだりでハラハラしました。
夕方も暗くなるのが早いので朝から作業して明るいうちに終わらせようと、事前に荷物をまとめておいて運ぶだけ状態にしたりと、すぐに引越しが完了するように、いろいろ工夫をしました。

主人の転勤で秋に引っ越ししました。
引っ越し業者の繁忙期ということと、下半期で転勤する方が多いようで引っ越し業者さんがなかなかみつかりませんでした。
見つかったのは、良かったのですがものすごく引越し代金が高くてビックリしました。
暑すぎるわけではないので、気候の面ではすごくよかったです!引越しの片付けも暑くもなく寒くもなくでとてもはかどりました!これで、値段が安かったら言うことなしだったのですがね。
値段がネックです。

子供が学校に行っている間に少しでも片付けや準備がしたくて、夏休みが終わってから9月から荷造り、10月の引越し。
(近場の引越しなので、転校はありません)まだまだ暑い季節で、段ボールの荷造りや引越しの片付けも汗だくでした。
雨じゃなくてよかったけど、見事な残暑でした。
引越し屋さんもおつかれさまでした。
そして、新居へのエアコン取り付けは同時に手配してもらって、引越し後すぐ運転開始できました。
後日取り付けとかにならず、よかった!

夫の仕事の辞令が出て秋に他県へ引っ越しをしました。
荷出し・荷入れは別々の日に行いましたが、どちらも暑すぎず寒すぎずのちょうどいい気温で、引っ越し業者さん達も快適に作業しているような雰囲気がありました。
また、自分達で梱包作業・開封作業をするプランを選択しましたが、気温が丁度良かったので汗だくにならず順調に作業が進みました。
ペットも一緒の引っ越しでしたが、気候が良かったので荷入れ・荷出しの際は車に乗せていても特に問題ありませんでした。

夏に引っ越しする事が決まり、特に急いでの引っ越しではありませんでしたが、暑い季節の引っ越しは大変だと思い10月に引っ越しをしました。
引っ越しの依頼をしようと引っ越し業者に連絡をすると、予想外に混んでいました。
土日の引っ越しは予約がいっぱいでした。
平日に仕事を休んで水曜日の引っ越しになりました。
引っ越し当日はあいにくの雨でしたが、引っ越し業者の配慮もあり、予定より30分時間を早めて引っ越しが始まり、午前中に終わりました。
お天気にはめぐまれませんでしまが、暑い中の引っ越しではなくて良かったです。

一昨年に初めての引っ越しを経験し、11月初旬に引っ越しました。
11月に入っていたこともあり、秋といえども少し肌寒い季節でしたが、気温が暑くないため汗もかかずに、家具を運んだりするのにも作業しやすい時期でした。
また物件に関してもピーク時である春先を避けていたこともあり、物件探しに困ることもありませんでした。
値段も高く設定されていたわけでもなかったので、引っ越すタイミングは秋はベストなのかなとも感じました。

大学生の時、大学の通学を2時間半かけてしていましたが、友達が一人暮らししている人も多く、さすがに毎日往復5時間通学だと体力的にキツくなりました。
春は頑張って通学していましたが、夏になると本格的に学校付近の家を探しました。
家の内覧をして、ちょうど良い物件も見つかり、夏休みの間に契約も済ませました。
また必要なモノがあれば実家から持って行こうと思い、勉強道具と衣類の必要最低限の荷物を持って行き、9月末に引越しをしました。
秋だったので、それほど暑くなく快適に引越しも出来たと思います。

昨年の秋に引っ越ししました。
見積もりから引っ越しを完了するまで約1ヵ月ほどかかりました。
(あまりにも急だったため、たまたま秋の時期に引っ越したんですけどね)暑い時期にするよりも秋の方が時期的に準備やらしやすいと思いましたよ。
荷物を整理するのに汗をかいてやるよりは秋の方が楽だなぁと。
冬だと逆に寒いですし、春だと引っ越しのシーズンですから、引っ越し屋に頼むとしても時間がかかりそうな気がします。
やはり秋の時期がちょうどいいのかなと個人的には思いますね。

念願だった戸建ての一軒家に、昨年秋、引っ越ししました。
同じ市内への引っ越しでしたが、6人家族で、14階建てマンションの6階部分からの引っ越しでしたので、業者にお願いして引っ越しました。
6人家族ということもあってか荷物がとにかく多くて、荷造りするのにかなりの労力がかかりました。
途中で投げ出したくなるほどです。
引っ越し当日は秋晴れで快晴。
引っ越し業者のてきぱきとした仕事っぷりに清々しい気持ちになりました。
暑くもなく寒くもないこの時期に引っ越しできて、よかったと思います。

私は夏以外の季節全てに引越しをした経験を持っています。
その中で引越しするのに一番適した季節は、冬に近いくらいの秋だと思います。
業者さんは勿論の事、自分たちだけで引越した事があるのですが、ハードな動きをするのには気温がぴったりでした。
汗をかくと荷物を持つ手も滑るし、体も不快になってきます。
エレベーター無しの5階だったので、気温はとても気になりました。
そして一番の引越しの大敵である雨や雪の心配も少なかったです。

勤務先の都合で引っ越しすることに。
季節は秋で10月半ばの頃でした。
急な話で焦りましたが費用は会社持ちだったこともあり気分転換も兼ね新居探し。
この時期は9月の引っ越しシーズンも落ち着き、物件も多くて条件もよいところを選べますよの言葉通りたくさん物件がありました。
そして引っ越しがオフシーズンだと引っ越し業者も当然暇なようでいくつかの業者から見積もりを貰い安く引っ越すことが出来て良かったです。
そして荷物の運び込みも丁寧で、不動産屋が言うには1日に何件も引っ越しする春先は荷物の破損も1番多い時期だと裏話も聞けました。
以降自分の引っ越しは秋にすることが多いですね。

日中はまだ暑いですが、夜になると寒くなるので、洋服がなかなか片付けられませんでした。
冷蔵庫の中身もまだ常温放置だと危険なので、冷蔵庫は一番最後になってしまいました。
過ごしやすい季節なので動くには最適ですが、、引越し先の家の中を夏仕様にするのか、冬仕様にするのかとても悩みました。
夏仕様にすれば布団などの位置をクローゼットで決められるのでしょうが、冬仕様にすると決められないということで、それも考えつつというのが大変でした。

10月の初めに引っ越しをした時ですが、その時の失敗談を。
10月・・季節は秋といえどもまだまだ暑い日でした。
業者には大物家具家電だけを頼み、それ以外は自分で荷造りしたのですが1番困ったのが冷蔵・冷凍物の数々でした。
引っ越し前までに出来るだけ中の物を消費するように努めましたが、どうしても消費し切らない調味料や冷凍食品などは仕方なく自力で運搬することにしました。
しかし秋の昼間の暑さを甘くみていました・・・結局引っ越し先までの移動で(正味1時間半〜2時間)冷凍食品やバターなどはダメになってしまいました。
夏はもちろんですが、秋の引っ越しでも冷蔵庫の中身の運搬には要注意です。

一人暮らしの際、市内から市内程度ですが秋に引越しを行ったことがあります。
東北の初秋でしたが晴れの日だったので日中は寒くなく、快適に作業ができました。
とは言えその時は何も気づかなかったのが実情です。
その後に冬の引越しを経験してその大変さを知ってからは、悩み事や余計な作業が少ない秋の引越しがどれだけ楽だったのかということを実感しました。
春は料金が割り増しになるし、夏場の引越しも暑くて大変だし、それを考えれば秋こそが引越しのベストシーズンなのかも?と思ったりします。

私が引越しをしたのは10月でした。
急な引越しだったので対応してもらえるか不安だったのですが、問題なく引越しの手続きができました。
値段をケチって時間指定無しのフリープランにしましたが、のちのち後悔しました。
自分の前のお客さんが長引き、新居に荷物が届いたのは17時ごろ。
思ってたよりも早く終わってよかったと安心していました。
ところが問題発生。
10月になるとだんだん日が落ちるのが早くなります。
それを考えずに荷ほどきをしていて、あっという間に暗くなり始めました。
その時まだ天井に照明をつけていなかったので急いでつけようとしたのですが、暗くて設置に悪戦苦闘。
もし、秋頃に引越しされる方、日の出が短いので作業の時間帯には気を付けてくださいね!

妻と結婚して住むためのアパートへ引っ越しました。
それぞれ別のアパートで単身生活をしていたためそれぞれの職場の仲間に手伝ってもらいながらの引っ越しとなりました。
考えてみれば天気もよく、あつくも寒くもなく、順調に1日で行うことができたと思っています。
秋晴れのなか、親しい仲間とともに、これからの新しい結婚生活のスタートとなる作業といえます。
業者に頼まなかったため疲れましたが。
おかげさまでそのアパートで子供が生まれ、思いで深い地となっています。

10月の引越しだったので、引っ越し準備から引っ越しの当日まで雨が降る日がほとんどなくて、とても引っ越ししやすい時期だったと思います。
また、引っ越しシーズンではなかったようで、繁忙期の値上げはなく助かりました。
引っ越しをするなら繁忙期を避けた方が、かなり引っ越し料金が変わってくるのでおすすめです。
また、梅雨など雨が降りやすい季節は、引っ越しの準備をするのも引っ越しをした後も何かと大変だと思います。

9月の終わりに引っ越しをしました。
理由は暑い時期や寒い時期に引っ越しの準備と、引っ越しは疲れると考えたからです。
春は引っ越しが多いので、引っ越し屋さんとの値引き交渉が難しかったり、希望の日にちが取れなかったりすると、引っ越しした人達から聞いていたので、秋を選びました。
エアコンを2台購入したのですが、暑い時期が終わっていたので、値引きしてもらえたり、取り付けも希望の日にちにお願い出来たりという利点がありました。
引っ越し当日も気候がよく、楽でした。

昨年の9月ごろ、転勤することになった友人に、部屋探しのための不動産屋への同行と、引っ越し準備のための荷造りを手伝ってほしいとのことで、呼び出されました。
私自身、あまり引っ越しを経験したことがなく、今後も頻繁に引っ越しを経験するような状況になることもなさそうなので、良い機会だと思い、友人の引っ越しの手伝いがてら、不動産屋さんや引っ越し業者さんに色々質問しました。
引っ越しシーズンのピークと言えば、やはり春のようで、秋は春に比べると、マンション等は空き部屋が少ないとのこと。
逆に、引っ越し業者は仕事が落ち着いているため、少々予約が取りやすい状況にあるとのことでした。
転勤ともなれば、引っ越しのタイミングを自分で決めるのは難しいですが、混み合いそうな時期は早めに動くなどして、スムーズに引っ越しを終えたいと感じました。

10月の下旬に引越しました。
同月中旬から約10日間かけて荷造りをしましたが、だいぶ涼しくなっていたので、汗をかくことなく快適に梱包作業が進みました。
これが夏だったら体力を消耗し集中力もなくなって、なかなか進まなかったのではないかと思います。
引越し当日も秋の爽やかな天気の中、何の問題もなく作業を終えることができました。
引越してからはあっという間に寒くなり、すぐにホットカーペットが必要になったのですが、コントローラーをどの向きにするか、どう敷いたらよいかまだ確定してなかったのと、延長コードがどこに入ってしまったのか取り出せなくなり、しばらく寒いのを我慢する羽目になりらました。
エアコンもまだ必要ないだろうと思っていて、取り付けまで頼んでなかったのが失敗でした。

3年ほど前の話ですが、10月初めに引っ越しをしました。
同じ市内での引っ越しでしたが、3社ほど見積もりを出してもらいました。
時期的に比較的空いている時期だったので、かなり値段を安く引っ越ししてもらうことが出来ました。
荷物の梱包や掃除などは、秋口涼しいこともあり、スムーズに行うことが出来ました。
賃貸マンションへの引っ越しでしたが、物件自体は引っ越しシーズンではないので、少ないと不動産屋の方が言っていました。
ただたまたま新築物件があったので、すんなりと入居出来ました。

最初は自分たちで持てるものを!と、いう事で、 朝から日中は気候もよく、気持ち良く作業できました。
でも、引っ越し業者の時間が夕方しかあいておらず、18:30〜冷蔵庫と洗濯機の運搬開始でした。
秋の夜は寒くて、何も無い部屋でヒーターを炊いて待っていました。
もちろん、カーテンなどもない中電気を付けていたので外から丸見えだし、居心地はよくありませんでした。
新居に行ってからも玄関のドアを開けっ放しの作業が続くので、なかなか部屋が暖まらず、この時期に引っ越しするもんじゃないなぁと、思いました。

荷物の運び出し・今まで住んでいた場所の清掃を含め総合的に考えて、過ごしやすい陽気が多い秋は引っ越しに最適と考える。
但し秋は台風が多い季節である。
悪天候の中引っ越した経験は無いため分からないが、雨風強い時に家財道具が外を出入りする訳なので当然ダメージを受けるリスクが高まる。
持ち物はカバーをかけてくれたとしても作業中開けっ放しにしなければならないので、玄関付近の清掃は入居前に業者が済ませているとしても引っ越し後なるべく早めにやらなければならない仕事のひとつといえる。

私は10月に賃貸(一階)から10キロほど離れた一軒家に引っ越しをしました。
引っ越し業者の見積もりを何件か取ったものの考えていた予算をオーバーしたため、自家用車で何度も往復しながら荷物を運びました。
荷物をダンボールに詰める作業は9月から行っていて、まだ暑い時期だったため洗濯物が充分乾き助かりました。
夜も暗くなるのが遅い時期でしたから、18時までは作業できていましたし、真夏ではないので日差しも気になるほどではありませんでした。
引っ越しを終え片付けをし始めた10月は涼しい夜に行ないました。
賃貸の部屋が一階だったためソファやテレビなど大きい荷物を運ぶことができたのですが、季節的にもそこまで暑くなく寒くない時期で私たち夫婦にとって一番いい時期の引っ越しだったと思います。

9月の頭に主人の転勤が決まり、9月末頃のシルバーウィークで引越ししました。
転勤シーズンということもあり、事前見積もりの予約もなかなかスムーズに取れませんでした。
また、引越し代金も通常より高かったように思います。
主人の会社の場合、着任日の1週間前にしか配属先が分からないシステムなので仕方ないのですが、もう少しゆとりがあれば早めに手配しておきたかったです。
引越し当日はまだ暑さが残る時期だったので、引越し屋さんも汗を流しながら作業されていました。

9月に引越しをしました。
涼しくなっていたので引越しには良い季節かなと思っていましたが……大間違いでした。
涼しかったのは荷物を運び始めた最初の頃だけで、その後は汗だくでした。
朝方涼しかったので長袖で作業を始めてしまったのも、汗だくの原因でした。
加えて、秋雨前線の影響か小雨がぱらつく中での引越しでした。
大きな家具なども自分たちで運んだので、足元が滑らないか注意しつつ運ばなければならなくなり、メンタル的にも疲れる1日となってしまいました。
やはり、こうした特殊な作業は専門業者にお願いするのが一番だなとつくづく感じました。
業者の方であれば短時間で、こちらもストレス無く引越しができると思います。
そして、引越しは11月位がちょうど良いかなと思いました。

9月の前半に引っ越しをしました。
あまりお金がない時代でしたので、大きな家具や家電は引っ越し屋さんに、衣類やその他の細々したものは自分達で持っていくことにしました。
9月ですが、暑くて水分を取りながら何度も車で積み降ろしをしながら2日かかって全ての物を移動することができました。
夜になると涼しく日中は暑くて体の不調を感じていましたが、その後に疲れからか熱を出してしまいました。
9月の後半くらいに引っ越しをすれば気候も安定していたのかなと思います。

独身だった時、10月の終わりに京都市内から市内の別の区に引越したことがあります。
当時、私はバイクで30分ほどの職場に勤めていたのですが、職場の近くに手頃なアパートを見つけたので引っ越すことにしました。
その日は晴天に恵まれとても気持ちのいい日でした。
そして、引っ越しに関しては秋はオフシーズンらしくて、さらに平日を選んだということも有り、かなり安くで引っ越すことが出来ました。
これ以前に、高校卒業と同時に実家から市内の別の場所に引越したことがありましたが、その春の時期の引越しと比べて半額くらいでした。
時期を選べるなら、秋の引越しはかなりお得だと感じました。

夫の転勤が理由で、秋に引っ越しをすることになりました。
転勤族は3の倍数の移動が多いのですが、私たちが引っ越しした9月末は、その中では比較的引っ越しが少ない時期で、引っ越し業者の対応も素早く的確でした。
費用は全て夫の会社なので、金額についてはわかりませんが、人手不足の時期の引っ越しだと作業員の数や経験が不十分になりがちだと聞いていたので、秋の引っ越しで良かったなと感じています。
引っ越し作業も陽気の良い季節なので、快適にすることができました。
ただ、会社都合なので仕方がないのですが、子供が年少に入園した年で、半年後にようやく幼稚園の生活にも慣れたという時の引っ越しだったので、それがとても残念でした。

雨以外の日限定ですが、季節は一番良かったです。
暑すぎる寒すぎるというストレスがない分、梱包や移動に関してとてもスムーズにできました。
日照時間もそこそこなのでオススメかなと思います。
作業の方も夏ほどの汗だく感がなく、安心してみて入られました。
不動産の空き状況など、本当のところはわかりませんがよく言われている繁忙期の年末前、春前(年度末)、夏休み前に当たらず良かったのではないかと思います。
引っ越し屋さんに関しては、見積もりがギリギリだったせいかこちらの都合よりも1週間後になってしましました。
これは季節ではなく前準備は早く、ということでしょう。

去年の秋のシルバーウィークに引っ越しをしました。
引越と言えば春のイメージが強かったもので、割と引越予定ぎりぎりの10日前くらいにいくつか業者さんに見積もりをお願いしたのですが、意外にもシルバーウィークを利用した秋の引越はだいぶ多いそうで大手の業者さんは軒並み予定を入れられませんでした。
中堅の業者さんがご厚意でなんとかトラックとスタッフさんを手配してくださり、無事予定通りの引越が出来ましたが、どのタイミングであってもなるべく早めの手配をするにこしたことはないと実感しました。
今後は1か月前くらいには調整していかないといけないなぁと思っています。
Copyright 2018 move-jpn. All Rights Reserved.